スポンサーリンク

ドラマ「silent」

スポンサードリンク
スポンサードリンク

木曜22フジ ドラマ「silent」特集

終わっちゃったけど・・・まだまだ観たいし続編も期待してる!!!!

目次

  1. イントロダクション
  2. キャストとキャラクター
  3. ストーリーの魅力
  4. 制作秘話
  5. 人気の秘密

イントロダクション

「silent」は、フジテレビで放送されたドラマで、視聴者を引き込む独特の雰囲気と深いストーリーで注目を集めました。

2022年10月クール、木曜よる10時に放送されたドラマ「silent」。主人公の青羽紬(川口春奈)は、8年前に一生をかけて愛したいと思えた恋人との別れを経験し、新たな人生を歩もうと前を向いて生きている女性。

紬の物語は高校2年の秋から始まる。朝礼で偶然聞いた男子生徒・佐倉想(目黒蓮)の声に引かれ、壇上で作文を読む彼に心を奪われる。3年生で同じクラスになり、共通の友人を通して距離が縮まり、二人は付き合うことになる。音楽好きな趣味を共有し、深まる仲だったが、卒業後、突如として理由も告げずに別れを告げた想。

8年後、紬は新しい人生を歩みながらも、雑踏の中で想の姿を偶然見かけ、再び彼を意識し始める。しかし、彼が「若年発症型両側性感音難聴」に苦しんでおり、聴力をほとんど失っていたことを知る。紬は再び話をし、想との関係に向き合っていくことになる。

キャストとキャラクター

ドラマには個性豊かなキャストが登場し、彼らの演技が作品に深みを与えています。主演から脇役まで、登場人物たちの魅力を紹介します。

青羽紬(あおば つむぎ)〈26〉 演 – 川口春奈

本作の主人公。誕生日は4月28日。弟と一緒に東京で生活している。渋谷の「タワーレコード」でアルバイト中。高校時代、想の作文に引かれて交際が始まるが、就職先でのセクハラで悩む。同窓会で再会した戸川湊斗の助言で仕事を辞め、湊斗と交際をスタート。

佐倉想(さくら そう)〈26〉 演 – 目黒蓮(Snow Man)

紬の高校時代の交際相手でサッカー部キャプテン。卒業後に難聴を患い、「好きな人がいる。別れたい」とLINEで破局。現在は出版社で校閲の仕事。湊斗の親友で、「紬を幸せにし隊」の隊長。

佐倉律子(さくら りつこ)〈49〉 演 – 篠原涼子

想の母。息子の病気に気づき、心配している。病気の遺伝性に苦しむ。

戸川湊斗(とがわ みなと)〈26〉 演 – 鈴鹿央士

紬の現在の交際相手で、想の親友。想が難聴であることを知り、紬との交流を助ける。

桃野奈々(ももの なな)〈27〉 演 – 夏帆

聴覚障害者で、想に寄り添う。想に思いを寄せていたが、紬との対話で感情を断ち切る。

春尾正輝(はるお まさき)〈32〉 演 – 風間俊介

手話教室の講師で湊斗の知り合い。湊斗に手話教室のパンフレットを渡す。奈々に好意を抱き、手話を学ぶ。

佐倉萌(さくら もえ)〈20〉 演 – 桜田ひより(幼少期:小畑乃々)

想の妹で、想の理解者となるために手話を学ぶ。湊斗に誤って想の連絡先を教えてしまう。

青羽光(あおば ひかる)〈20〉 演 – 板垣李光人

紬の弟で、姉のことを大切に思っている。湊斗とも仲が良い。「紬を幸せにし隊」を組織した。

ストーリーの魅力

「silent」のストーリーはどのような展開なのか。見どころや感動ポイントなど、ドラマの魅力に迫ります。

「silent」、最後まで観るとまた最初から見返したくなる素晴らしい構成力を持っています。まず、脚本の生方美久が注目されています。昨年、第33回フジテレビヤングシナリオ大賞で大賞を受賞し、本作で連続ドラマの脚本デビューを果たしましたが、その構成力は新人とは思えないほどです。

例えば、第1話は高校時代の青羽紬(川口春奈)と佐倉想(目黒蓮)が朝の駅で待ち合わせする場面からスタートします。雪が舞い落ち、紬がはしゃぐ中、想は笑顔で「うるさい」と言います。これは甘酸っぱい青春の光景が描かれていますが、第1話のラストで一変します。8年ぶりに再会した紬は、想が聴力を失っていることを知ります。紬が声で話しかけると、想は手話で「うるさい」と伝えます。同じ「うるさい」でも、トップシーンとラストシーンで異なる意味を持たせた構成は、初見の視聴者を驚かせました。

第3話では、湊斗が想と再会し、耳が聞こえないのに何度もその名前を呼び続けるシーンがあります。湊斗は想の背中を見つめ、笑顔を振り返る様子が描かれます。高校時代からの親友である湊斗がなぜ想の名前を呼ぶのかは、第3話のラストで明らかになります。湊斗は想の笑顔が好きで、いつか振り返ってくれることを期待して、想の名前を呼び続けていたのです。この友情の描写に触れたネット上では「もう1回最初から観る」という声が相次ぎ、計算し尽くされたシナリオに対する「おかわり視聴」が急増しています。

「silent」は深い考察を呼び起こす設定があり、ネット上での反響も大きいです。例えば、紬の誕生日が4月28日であることが判明した際、その日の誕生花が「サクラソウ」であることが明かされ、視聴者は驚きました。また、湊斗に別れを告げられた紬が電話で荷物を取りに行く場面では、紬が聴いていた音楽がスピッツの「みなと」であることが指摘され、湊斗への電話の動機が話題になりました。

目黒蓮が演じる佐倉想の存在も作品の人気に一役買っています。身長185cmのスタイルと清らかな涙を流す姿は視聴者を引き込み、特に初めて目黒を知る視聴者にとっては新鮮で感情移入しやすいとされています。これまで他の作品でのイメージがないため、彼の出演が作品に新しさをもたらしています。

「silent」の語りたくなる要因の一つは、紬、想、湊斗による三角関係です。8年ぶりに再会した元恋人・想と、現恋人・湊斗。2人の間で揺れ動く紬の心理に対する視聴者の声は様々で、これが作品の面白さの一因です。紬はなかなか恋心を再燃させず、現在は湊斗が好きだと断言しています。しかし、湊斗との新居がなかなか決まらない中、手話教室に通ったり、想と再会するために新しいスカートを購入したりと、紬の行動からは想への好意がにじみ出ていると指摘されています。これに対して共感する声と異なる意見があり、視聴者の感情は分かれていますが、それが作品のリアルな人物描写によるものであり、作品の魅力の一環とされています。

5話で三角関係は区切りがつけられましたが、これからの展開がますます「語りたくなる」方向に進むことが期待されています。作品は固有名詞やエモーショナルな描写、風間太樹監督による映像美など、多くの要素が高いレベルで融合しており、これが「silent」を特別なものにしています。

ドラマの放送時間帯が「SNSに人が集まってくる」時代になり、木曜夜10時になると多くの人がTwitterで感想をつぶやき、友達とのLINEグループで盛り上がる光景が見られる

制作秘話

最終回の舞台、教室でのシーン。紬と想がお互いに耳打ちをしている光景に、視聴者には分からない何かが漂っていた。夕陽が黒板に映り、影が耳にしゃべりかけているように見え、その瞬間、何か新しい表現が生まれていた。

このシーンについては台本にはその時のセリフが書かれていなかったようです。しかし、その時のシーンでは、想が本当に言いたいことを言っているからこそ、何も書かれていない。そして、本当に青羽(紬)と想くんの2人だけが分かる。何て言ったかは想くんにきかないとわからないですね(笑)

人気の秘密

なぜ「silent」は多くの視聴者に支持されたのか。評価や視聴率の面から人気の秘密を解き明かしていきましょう!

【芸能】川口春奈とSnow Manの目黒蓮が、楽しそうに笑顔で写る2ショット写真を公開し、ファンからの反響が相次いでいます。これは特に「silentコンビ最強」と賞賛され、2人の再会に対して「また2人に会えた」という喜びの声が多数上がっています
【フジ木22】いちばんすきな花 2輪目【多部未華子・松下洸平・今田美桜・神尾楓珠】
【フジ木10】#いちばんすきな花 Part1 #silent
<silent>90分繰り下げ放送の第4話視聴率5.2% 鈴鹿央士、8年ぶりに目黒蓮と向き合う
【芸能】Snow Man目黒蓮『国宝級イケメンランキング』ついに首位「僕を好きでいてくれる人のイチバンでありたい」
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】20  いよいよラスト!人工内耳の行方
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】19
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】17  このままゴールか!?川口春奈、ピッタリ&背中ざっくりの黒ロング姿が「綺麗すぎんか」 細さに心配の声も
“木曜22時フジ: 紬の魅力が織りなす、もっとドキドキする世界 with 川口春奈・目黒蓮”【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】16  紬の見える世界
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】15  想と紬は破局か!?
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】14
<silent>最終話視聴率9.3% 番組最高の数字で有終の美 川口春奈&目黒蓮のたどり着いた結末は
silent:橋田賞で3冠 目黒蓮、村瀬P、脚本の生方美久が感謝「優しい気持ちで丁寧に作った作品」
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】11
【木曜22フジ】silent【川口春奈・目黒蓮】16  紬の見える世界
【TV】ABCテレビが謝罪 新ドラマPRコメントがフジテレビ「silent」の公式HPコメと酷似 22日開始「たとえあなたを忘れても」
【ドラマ】 フジ「silent」幻想的なあのタイトルコール「声」の正体は…プロデューサーが告白「ぜいたくですが」
【視聴率】川口春奈主演「silent」第3話は番組最高7・1% “泣ける”と評判
【テレビ】川口春奈主演ドラマ『silent』、日本シリーズで90分繰り下げに賛否過熱 「最悪です」「勘弁して」「野球は悪くない」
【ドラマ】川口春奈&目黒蓮出演 フジテレビ『silent』が見逃し配信で“歴代最高”記録を更新 第2話が567万回再生

MORE

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました