#ニュース

#ニュース

【炎上】ふかわりょう「石丸さんサブウェイ注文できるかな」

#石丸伸二 #ふかわりょう
#ニュース

「パワハラ上司みたい」「放送事故」石丸伸二氏、都知事選後インタビューでの“悪態対応”に「国政進出」を恐れる声 ★5 [ぐれ★]

石丸伸二
#ニュース

【都知事選】「蓮舫3位」Xトレンド入り「2位もダメ…」「石丸さんかなり票伸ばした」などの声

蓮舫3位
#JPOP

小山田圭吾が東京五輪騒動の真相を明かすインタビュー本発売、同級生や掲載誌の編集長の証言も

小山田圭吾へのインタビューを掲載した、ノンフィクション作家・中原一歩の著書「小山田圭吾 炎上の『嘘』 東京五輪騒動の知られざる真相」が7月24日に発売される。
#ニュース

【フィギュア】安藤美姫、手つなぎUSJデート報道のお相手・16歳教え子が通う練習場で繰り返した「男子更衣室への侵入」の言い分 ★2 がんばれ安藤!

6月27日発売の『週刊文春』で、プロフィギュアスケーターでコーチとしても活動している安藤美姫の“手つなぎデート現場”が報じられた。 「お相手は、安藤さんがコーチとして指導している16歳のAくんです。彼の母親も同伴して、大阪のテーマパーク『ユ
#BreakingDown

【枕営業】アイドル候補生が有名音楽Pとの“枕営業”告発「週に何回も」 視聴者戦慄「本物の闇やん」

格闘家の朝倉未来が発起人となったアイドルオーディション番組『Dark Idol』が現在、ABEMAで放送されている。6月末の放送回では、とある候補者のまさかの“告白”が視聴者を騒然とさせた。 告発とも言える過去のエピソードを披露したのは26歳の上田絢生だ。
#スポーツ

【ドジャース】「6月男」大谷翔平、月間12本目の26号!リーグトップ独走・5本差に 年間ペースもついに50発超えに

大谷翔平のホームランが凄すぎてベンチ大爆笑の瞬間 #大谷翔平
#ニュース

佐藤健・長澤まさみさん共演の「四月はなんとか」。つまらなくて話題に [421685208]

「何度も寝そうになった」佐藤健・長澤まさみ初共演の映画が爆死確定か!思い出される2年前の“大コケ”
#ニュース

【文春砲】スクープ撮!安藤美姫(36)が16歳教え子と手つなぎデート

スクープ撮! 安藤美姫(36)が16歳教え子と手つなぎデート《直撃取材に安藤は、熱い想いを語り出した――》
#アニメ

【速報】声優の古谷徹、『コナン』安室透役&『ONE PEACE』サボ役を降板

古谷徹
#JPOP

【音楽】長渕剛「いっしょに拳あげて歌おうな!」 ファンは沈黙…「漢」らしく謝らない姿に大ファンのスタッフも皆ガッカリ

#若林志穂 #長渕剛
#ニュース

【声優】人気声優の雨宮天 開催中のツアーで盗撮被害 盗撮写真がネットオークションに出品も確認

人気声優で歌手の雨宮天(30)の公式サイトが21日に更新され、現在行われているライブツアーで盗撮行為があることを報告した。
#ニュース

佐藤健からのDM「二人だけで何日も過ごしたい」ロマンス詐欺で女性(40代)が157万円だまし取られる 長崎

「二人だけで何日も過ごしたい」などとする芸能人の「佐藤健」を名乗る人物からのウソのメッセージを信じ込み、長崎市の40代の女性が現金、約157万円をだまし取られました。 詐欺の被害に遭ったのは長崎市に住む無職の女性(40代)です。
#BTS

【悲報】BTSの日本人女性ファン、BTSメンバーに無理やりキスをして炎上・・・DJ SODA再来。

本日(13日)、ソウル松坡(ソンパ)区一帯でBTSのオフラインイベント「2024 FESTA」が開かれた中、ジンが久しぶりにARMY(ファンの名称)の前に現れた。2022年12月13日、京畿道(キョンギド)漣川(ヨンチョン)にある5師団新兵教育隊に入隊した彼は、1年半の間待ってくれたファンのために自らアイディアを出し、ハグ会を開催した。
#ニュース

乃木坂と友好関係のMrs.GREEN APPLEさん、低レベルの人種差別で大炎上wwwwwwwwww

3人組バンド「Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)」(登録者数345万人)が炎上しています。 Mrs. GREEN APPLEは、12日に新曲『コロンブス』を配信リリースしました。同曲は、コカ・コーラの新CM『Coke STUDIO 魔法のはじまり』篇のために書き下ろされたもので、同日YouTubeでMVが公開されました。
#ニュース

【3ポイント不倫】バスケ元日本代表の藤井祐眞がグラドルとの不倫報道を謝罪

バスケットボール・B1川崎の所属する元日本代表の藤井祐眞が12日この日、文春オンラインで報じられ、グラビアアイドルの村島未悠がとの不倫報道について謝罪した。
#ニュース

「1週間で3度“不倫密会”」バスケ元日本代表・藤井祐眞(32)が“神ボディ”グラドル村島未悠(25)と衝撃不倫&お泊まり愛

「1週間で3度“不倫密会”」バスケ元日本代表・藤井祐眞(32)が“神ボディ”グラドル村島未悠(25)と衝撃不倫&お泊まり愛
#ニュース

グラドル村島未悠、バスケ藤井祐眞との不倫報道を謝罪「私の軽率な行動で…」所属事務所は厳重注意

休養中のグラビアアイドル・俳優の村島未悠(25)が12日、「文春オンライン」でプロバスケットボール・川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞(32)との“不倫”を報じられた。これを受け、村島は同日、自身のXを通じて謝罪した。
#ニュース

文春「1週間で3度“不倫密会”」バスケBリーグMVP選手(32)が令和No1神ボディグラドル村島未悠(25)と衝撃不倫&お泊まり愛《写真多数》

文春「1週間で3度“不倫密会”」バスケBリーグMVP選手(32)が令和No1神ボディグラドル村島未悠(25)と衝撃不倫&お泊まり愛
#ニュース

水原一平被告 ウーバーイーツ配達員に 米報道

6/7(金) 6:14配信 日テレNEWS NNN ドジャース大谷翔平選手の元通訳・水原一平被告が新たな仕事を始めたとアメリカメディアが報じました。
#テレビ

セクシー田中さん事件 日テレ報告書「自殺した芦原は難しい作家」

セクシー田中さん巡る日テレ報告書に元放送作家怒り「芦原さんを悪魔化」「あまりに卑劣」
#テレビ

セクシー田中さん、小学館の調査報告公表「日テレが要望をスルーした結果」

日本テレビ系で昨年放送されたドラマ「セクシー田中さん」の原作者で漫画家の芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、原作漫画の出版元の小学館は3日、社内の特別調査委員会の報告書を公表した。芦原さんが同社を通じて要請した脚本修正などの意向を、同局側が「素直に受け入れなかったことが第一の問題」と指摘。今後は同社刊行物のドラマ化についてテレビ局との契約締結を「放送決定時には済ませるべきだ」と提言した。 ドラマは昨年10~12月に全10話を放送。9、10話は原作にはないオリジナルの内容で、芦原さん自身が脚本を担当した。降板した脚本家がSNSにその経緯などを投稿、芦原さんは自らの思いをブログなどにつづり、インターネット上で騒動となった。その後、芦原さんは栃木県内で死亡しているのが見つかった。 日本テレビが5月31日に公表した調査報告書では、「必ず漫画に忠実に」など芦原さんのドラマ化の条件について、小学館側は「はっきりとした要望」と伝えたが、日本テレビ側は提案程度と受け止め、双方の認識に 齟齬そご があったとしていた。 一方、小学館の報告書によると、同社は芦原さんが「作品の世界観を守るために細かな指示をする」作家のため、「原作に忠実で原作を大事にする脚本家でないと難しい」と日本テレビ側に伝えていた。実際に改変に対して芦原さんは、小学館を通じて同局側に理由も明示して修正を要請し続けていた。だが、その要請の伝達は「(同局から脚本家に)正確に行われなかったと思われる」としている。 最終的には芦原さんの意向に沿うドラマが完成したが、その過程で「何時間も何時間も修正に費やしてきて、限界はとっくの昔に超えていた」と小学館側に苦悩を伝えていた。 また報告書は、SNSをめぐり論争の矢面に立ってしまった作家や編集者が孤立しないよう「会社が 楯たて となっての情報発信」を検討することも求めた。 同ドラマに関しては放送前に原作利用許諾契約書は交わされていなかった。小学館はこの日、刊行作品の映像化についての指針を発表。「作家の意向を第一に尊重した文書を作成し、映像制作者側と協議、交渉する」とし、「作家の皆様が執筆、作画に集中できる環境をつくり、意向を十全に 汲く み取った映像化を目指していく」と表明した。
#テレビ

【日テレ】『セクシー田中さん』調査内容の会見 会見場にカメラ入れず、生中継なし… 日テレ「二次被害等も懸念される」と理由を説明★2

「セクシー田中さん」調査内容の会見は生中継なし 日テレ「二次被害等も非常に懸念される」と説明  日本テレビは31日、昨年10月期放送の連続ドラマ「セクシー田中さん」原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死した問題について、東京・汐留の同局で「社内特別調査チーム」が会見を開き、調査結果を報告した。  会見の生中継は行われず、17時に各社一斉に記事を配信するかたちとなった。同局は二次被害を懸念した対応だと説明した。  月に1度行われる同局の定例社長会見で、記者からテレビカメラを入れた形での会見が何度も求められていたが、記者だけの空間での説明会となった。 
#テレビ

小学館が報告書「セクシー田中さん」芦原さん Hulu配信スピンオフドラマの脚本監修を辞退していた

小学館は3日、昨年10月期放送の日本テレビドラマ「セクシー田中さん」原作者で漫画家の芦原妃名子さん(享年50)が急死した問題について、調査結果を公表した。その中で、芦原さんがHulu配信用のスピンオフドラマ4話の脚本監修を辞退していたことが明らかになった。  同社は公式サイト上に、PDF文書90枚の「特別調査委員会による調査報告書公表および映像化指針策定のお知らせ」とPDF文書1枚の「映像化指針」を掲載した。報告書には映像化までの経緯や芦原さんのこれまでの映像化された作品の詳細、本件の問題点などが記載されていた。  本件ドラマ化の経過と題された項目では、脚本の修正のやりとりなどが詳細に報告された。その中で、芦原さんがHulu配信用のスピンオフドラマ4話の脚本も監修する予定だったが、辞退したことも明らかになった。
#テレビ

「セクシー田中さん」問題 芦原さん側との間に「ドラマ化の条件めぐり齟齬があった」日本テレビが調査報告書公表し石沢顕社長が謝罪

人気漫画「セクシー田中さん」の作者・芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本テレビがドラマ化の条件について芦原さん側との間に認識の齟齬があったとする調査報告書を公表しました。 日本テレビの石沢顕社長は、「ドラマの制作関係者や視聴者の皆様にお詫び申し上げます」と謝罪しました。 この問題は、日本テレビが去年10月から放送したドラマ「セクシー田中さん」をめぐり、原作者の芦原妃名子さんが制作過程での脚本をめぐるトラブルを明かし、その後、亡くなったものです。 日本テレビは、きょう、外部の有識者とともに行った調査の結果を公表しました。 報告書では、原作の変更の許容範囲について芦原さんと小学館の原作側と日本テレビ側との意見が一致しないこともあり、芦原さんから「キャラを破綻させるような安易な改変は作家を傷つけます」などの厳しい指摘があったと明らかにしました。
#テレビ

セクシー田中さん脚本家の弁護士「原作者の行為は権利の濫用もしくはパワハラにあたる」

#セクシー田中さん #芦原妃名子 #小学館 #日本テレビ
#テレビ

日テレ『セクシー田中さん』問題 脚本家のSNS投稿、故芦原妃名子さんのブログ投稿の意志を知るも「止められず」★3

日本テレビは31日、企業公式サイトを更新し、昨年10月期の同局系ドラマ『セクシー田中さん』の原作者で漫画家・芦原妃名子さん(享年50)の訃報に関連して設置した社内特別調査チームの調査結果を報告した。90ページに及ぶ報告書では、芦原さんが脚本家に不信感を抱き、降板を要求。9、10話の脚本を自らが書き、脚本家が「脚本協力」で自身の名前をクレジットで入れるよう求めたことも拒否した対立構造などが示された。 そして、芦原さんの要求を受け入れ、日本テレビは脚本家を8話限りで降板させた。9、10話は芦原さんが自ら脚本を執筆することになったが、これらの日本テレビの判断については、「原作契約が未締結であったことが不安視されたという側面もあった」としている(原作者の意向を無視した格好になれば、本件原作者から最終的な原作利用許諾は未締結であるとして、地上波放送(9、10話)の差し止めがなされるなどのリスクは否定できないとの見解)。
#ニュース

【音楽】ミスチル、コンサート収益の不正行為は「一切ございません」一部報道を否定

ロックバンド・Mr.Childrenの公式サイトが2024年6月5日に更新された。コンサート収益における不正行為が報じられたことについて、否定した。 ◆ミスチル、コンサート収益における不正行為否定 同日「週刊文春」および「文春オンライン」にて、2018年、2019年に開催された2つのコンサートツアーにて、約4億円の裏金が作られていたと報道された。この報道を受け、公式サイトでは「本記事で書かれているような、コンサート収益についての不正行為は一切ございません」と否定した。
#ニュース

松本人志側「休養損害の上乗せ」示唆 文春との5億5000万円名誉毀損訴訟 賠償額増額の可能性も 弁論手続き非公開で

#松本人志 #ダウンタウン #ホテル #スピードワゴン #吉本興業 #週刊文春 #芸能人 #スキャンダル #報道
#ニュース

ガーシーが落語家転身を宣言

ガーシー(東谷義和)が逮捕されてから1年の節目となる4日、都内で幻冬舎編集者の箕輪厚介氏とトークイベントを開催した。3月に懲役3年、執行猶予5年の判決が出てから初となる表舞台で飛び出したのは、仰天の落語家への転身だった。
\よかったらシェアしてね!/
タイトルとURLをコピーしました