🌈東京トレンドニュース速報✨

国内外、春夏秋冬、老若男女かまわず全開で振り切って生きてるって!でも暇な時は🌈東京トレンドニュース速報🌈です!

🌈相互RSS募集中!!!!!!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン
SHIONをフォローする
スポンサーリンク
📺ドラマ情報🌈✨
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ランキングにご協力を!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「#Evernote」無料プランの上限変更が正式決定、導入は12月4日から

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
Tic Tokもよろしううう~
スポンサードリンク
スポンサードリンク
1: へっぽこ立て子@エリオット ★
https://asset.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1550/894/1_l.jpg
「Evernote」無料プランの上限変更が正式決定。導入は12月4日から

 伊Bending Spoons(米Evernote Corporation)は11月29日(現地時間、以下同)、同社が提供するオンラインメモアプリ「Evernote」の無料プラン「Free」において、新規および既存ユーザーが所有できるノートとノートブック数を大幅に制限することを正式発表した。導入は12月4日から。変更後は、アカウントごとに「最大1のノートブックと50のノート」となる。

 無料プランの上限変更については、ここ数日の間で、同プランを利用するユーザーを対して告知なく行なわれていると大きな話題に。Bending Spoonsはこれに対し、一部のユーザーを対象とした限定的なテストだったとして、これが最終決定というわけではないという姿勢を示していた。しかし、ユーザーの不安もよそに、時を置かずして正式導入に踏み切った格好となった。

 なお、従来の無料プランにおける上限では「250のノートブックと100,000のノート」が作成可能だった。

□「Evernote」無料プランの上限が突如変更、ノートを新規作成できないとの報告相次ぐ – やじうまの杜 – 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1549946.html

 今回の上限変更に伴い、現在、1つ以上のノートブックと50を超えるノートを保存している無料プラン加入ユーザーについては引き続き、メモの表示・編集・エクスポート・共有・削除が可能とのこと。ただし、それ以上のノートとノートブックを作成する場合は、有料プランへの課金が必要となる。

https://asset.watch.impress.co.jp/img/wf/docs/1550/894/2_l.jpg
利用プランの料金比較

 同社は、無料プランを利用するユーザーの大部分が「1のノートブックと50のノート」というしきい値を下回っていることを考慮した、と今回の変更理由を説明。その結果として、“多くの無料プランを利用するユーザーにとって日常的な使い勝手は変わらない”とコメントしている。

□関連リンク
Update: Evernote Free accounts will have fifty notes and one notebook(英文 日本語ブログにはまだ記事は来ていない)
https://evernote.com/blog/evernote-free-note-limits
プランを比較して無料で利用開始 | Evernote(現行のサービスと料金が表示)
https://evernote.com/compare-plans
「Evernote for Windows」オンラインメモサービス – 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/evernote/

2023年11月30日 11:55
窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1550894.html

引用元: 【クラウド】「Evernote」無料プランの上限変更が正式決定、導入は12月4日から [エリオット★]

2: 名刺は切らしておりまして
Google Keepで十分じゃね?

スポンサードリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
" "
SHION

お酒と音楽の上で五反田―渋谷―下北沢―千歳船橋で揺れています
池上線が大好きでどうしましょう
仕事はゆっくり遊びをじっくり
最近は友達というか好きな人たちと
飲んで飲んで飲んで・・よろしくね!

SHIONをフォローする
#ニュースJAPAN
🌈タイムリートレンド⌚
\よかったらシェアしてね!/
SHIONをフォローする
🌈KPOP TREND✨

カテゴリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました